読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パワープレートつくばのブログ

つくば 研究学園 30分の全身振動エクササイズで筋力をつけるフィッネスススタジオ (運動施設)

パワープレートの豆知識③設定編

Power Plate

つくば市研究学園イーアス内にある

30分の全身振動トレーニングで筋肉を鍛え

美しいカラダづくり専門フィットネスクラブ

パワープレートつくばです。

 

11月も今日で終わりですね!

明日からは12月。スタジオの方も、さり気なくクリスマス仕様になりました!

f:id:powerplate-tsukuba:20161130150515j:plain

f:id:powerplate-tsukuba:20161130150600j:plain

 

そんな今日のブログは、「パワープレートの豆知識」の続きから、効率の良い振動の強さについて紹介していきたいと思います。

まずはストレッチから紹介していきます。

 

まず、設定ですが、おススメは30Hz-Lowです。

強めが好みの方でも、40Hz以上にしてしまうと、筋肉のセンサー「筋紡錘」が収縮するように反射してしまうことがあり、うまく伸びない場合があります。(簡単に言うと力が入ってしまうということです。)

リラックスできる設定で行いましょう!

 

また、しっかり伸ばしたい筋肉を緩めるためにも、振動が入りやすいポーズ、そして辛くない体制をとってあげましょう。

 

次に、トレーニングについてですが、こちらもまずは設定から。

こちらは人によって筋肉の強さやタイプが違うので、自分に合った設定が必要です。

 

振動が強ければ効くとは限らず、40Hz-Highなどの強い設定では、加速度が速過ぎて筋肉の反射が追い付かず、ただ「ブーン」と震えているだけに感じてしまうケースもあります。

反射スピードは、筋肉のタイプによっても異なり、「速筋タイプ」(短時間強い力を出すのが得意な筋肉)であれば、強い設定でも効果を発揮すると思いますが、逆に「遅筋タイプ」(強い力はないが長持ちする)の場合、いきなり強い負荷をかけると、効果が得にくい場合があります。

このあたりは、自分のタイプだけでなく、「目的」によっても変わってきます。

例1:遅筋タイプだが、瞬発力をつけたい➡少し強めの高度、動きを取り入れたエクササイズ

例2:速筋タイプだが、持久力をつけたい➡長くキープできる強度で、静的、もしくはゆっくり目のエクササイズ

等です!

ポーズに関しては、ストレッチと同様に、効かせたい筋肉にしっかり負荷がかかるようにしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

岡篤志

 

いち早く、スタジオ情報を知りたい方は

パワープレートつくばのフェイスブック

https://www.facebook.com/powerplatetsukuba/

 

スタジオ見学、体験レッスンの申し込みはこちら

info@powerplatetsukuba.jp

 

パワープレートつくば公式サイトはコチラを

http://power-plate.co.jp/tsukuba/

 

パワープレート公式サイトはコチラを

http://www.power-plate.co.jp/